父のお土産の金のスプーンを買取

  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/cp00349/public_html/atheertele/sites/all/modules/views/views.module on line 906.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter::options_validate() should be compatible with views_handler::options_validate($form, &$form_state) in /home/cp00349/public_html/atheertele/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 607.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter::options_submit() should be compatible with views_handler::options_submit($form, &$form_state) in /home/cp00349/public_html/atheertele/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter.inc on line 607.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_row::options_validate() should be compatible with views_plugin::options_validate(&$form, &$form_state) in /home/cp00349/public_html/atheertele/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_row.inc on line 134.
  • strict warning: Declaration of views_plugin_row::options_submit() should be compatible with views_plugin::options_submit(&$form, &$form_state) in /home/cp00349/public_html/atheertele/sites/all/modules/views/plugins/views_plugin_row.inc on line 134.
  • strict warning: Non-static method view::load() should not be called statically in /home/cp00349/public_html/atheertele/sites/all/modules/views/views.module on line 906.
  • strict warning: Declaration of views_handler_argument::init() should be compatible with views_handler::init(&$view, $options) in /home/cp00349/public_html/atheertele/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_argument.inc on line 744.
  • strict warning: Declaration of views_handler_filter_boolean_operator::value_validate() should be compatible with views_handler_filter::value_validate($form, &$form_state) in /home/cp00349/public_html/atheertele/sites/all/modules/views/handlers/views_handler_filter_boolean_operator.inc on line 159.

先日のことなのですが、父が出張先のお土産を持って帰ってきました。そのお土産というのも、何やら胡散臭いんですよね。だって、このお土産が金のスプーンだったんです。

どうも、露天商で販売していたらしく、父いわく絶対に本物の金だから貴重だと言い張るのです。もちろん、父を否定する理由もないですし、良いとは思います。しかし、あまりにも適当すぎるのでなぞですね。まぁ、そのまま家族も金のスプーンは放置していました。誰も気味悪がって使わなかったのです。そして、とある日なのですが、母がこのスプーンなんか邪魔だから買取に出してしまおうといったんです。

父も結局一度も使わず、そのまま忘れていたようでした。そのため、私は金買取専門店を探し出して買取をしてもらったんです。すると、鑑定士さんはとても興味深そうに見て、高い査定額を提示してくれたんです。まさか…本物に金だったようですよ。

本当に貴重なものだったようです。でも、母は躊躇なく買取をすると言って買取に出してしまったんです。父に言わなくて良いの?と聞いたら、ほおっておけば?といって笑っていました。すごいですね。